So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

BetterTouchTools [Apple]

Touch Barショット 2017-02-02 12.18.55.png

よく昔からMacの必須アプリなんて言われてます。
Mac操作の拡張アプリです。

以前もトラックパッドの拡張で使っていました。
最近タッチバーにも正式に対応とのことで再度導入です。

このソフトは以前はフリーソフトでしたが、ここ一年くらい前?から有料となっています。
App Storeには登録されていないのでサイトから直接ダウンロードになります。
一応有料なのですが、App Storeにある同じ製作者のBetterSnapToolを購入する、
または、iOSアプリのBTTremoteを購入すると無料で使える仕組みになっています。
サイトからダウンロードしたアプリを開くと以前使っていたかとか他のソフトを持っているかと
先に聞かれるので、それに答えていくとメールアドレスを要求されます。
メールアドレスを登録して返信されるファイルを展開するだけで、普通にアクティベートされます。

今回はまず、タッチバーの拡張をしてみました。
ショートカットをいくつか登録したのをキャプチャーしました。左のアイコンは現在起動しているアプリの切り替えができます。
ミッションコントロールのショートカットは2アクションですが、常時表示で一発で切り替えれるのでかなり良さそうです。
その隣は日付など、フルスクリーンでアプリを使うときにいい感じです。あとバッテリー使用可能時間。アクティビティーモニタの情報と同じです。その右は、サファリ起動、システム環境設定起動、ウインドウを閉じる、フルスクリーン化の順です。

タッチバーを有効活用し始めると表示領域が狭いため、何を優先させるかを悩みます。
アプリ標準のタッチバーを表示させるか、OSのシステムか、BTTのショートカットか。
今の所はっきり言えるのはタッチバーへの愛着がBTTで増すということかな。
いまいちタッチバーの意味を見出せない方はぜひ!


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お出かけアイテムたちとカバン [その他]

DSC_0015.JPG

13インチのMacBookやiPadが収納できるちょっとそこまでお出かけ用のカバンを探しててやっと出会いました。
TOPO DESIGNSというメーカーでアメリカ・コロラドのアウトドアアパレルです。

MINI MOUNTAIN BAG-LEATHER 
去年の11月末にサイトを見ていたとき偶然セール中で26,000円が15,000円!速攻ポチッと。
自分でカバンフェチだと思うほど色々と試してきましたがこれがかなりのお気に入りです。
このTOPO DESIGNS、結構前らあるのですが、リュックなども美しいです。どうかこのままビームスなど大手に取り扱われませんように・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

macOS Sierra 10.12.3 [Apple]

先月の下旬にmacOS Sierra 10.12.3がリリースされました。
一週間ほど使ってみてMacBook Pro2016lateのバッテリーの持ち具合が改善されるかと気にしていましたが、特に変わらずでした。また、サファリの検索窓のライブ変換の無効化とタッチバーの空欄になるのも特に変化なし。macOS Sierra 10.12.0の時はタッチバーに表示されていた記憶があるのですが、現状は仕様かもしれないです。




Touch Barショット 2017-02-01 21.20.09.png






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

にわかほぼ日ファン [その他]

DSC_0006.JPG

糸井重里の話が好きでほぼ日のサイトを見ることが日課になっています。と言っても、ここ一年も経っていない、にわかファンなのですが。その糸井重里が書いた1年分の言葉をまとめた本「抱きしめられたい。」が最近発売され購入しました。小さい言葉シリーズというらしくて2007年から毎年発刊されているそうです。で、今回その「抱きしめられたい。」が手元に届いてから気づきました。あ、そういえばと。なんか前に買ったよーな、、なんて探したらありました。なんと2007年の初回本が。10年前にリアルタイムに購入していたんです。当時は手帳の方が好きでついでに買ったような気がします。もちろん、内容はすっかり忘れているし、当時、糸井重里のファンだったわけでもなかったのですが。読み終わったら10年前を思い出しながら一冊目を読み返してみようかな。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モカマシーン [コーヒー]

moca.JPG
コーヒー飲みたいってときは、その時のめんどくさい度によって淹れ方が変わります。
機嫌のいいときはハンドドリップ。ちゃんとお湯の温度を92度に測り、豆とお湯の量を測り、蒸らし30秒、抽出時間3分などを淹れることも楽しみながら淹れます。が、めんどくさいってときは、大概の場合はこっちなのですが、このオランダ製のコーヒーメーカーを使います。東急ハンズでデザインに一目惚れでした。しかし、値段の割には正直機能的にシンプルすぎて物足りないです。蒸らし機能もあるわけではなく、適温な温度のお湯が上からシャワーで落ちるのみです。しかも、フィルターの真ん中に落ちずにやや手前に落ちやすい傾向があり、今でもそれが気になっている感じです。どうにか調整できないのかな・・
肝心の味の方は普通です。もちろん丁寧にハンドドリップした方が格段に美味しいです。
美味しいの個人的な基準は、味(深み・酸味のバランス)といより、後味で良し悪しを決めています。美味しくいれれたなってときは必ず後味がよく、雑味がなく、まろやかになり、最後に舌に残らない感じです。
コーヒーメーカーの時は同じ豆でも後味が残ります。と言っても、ハンドドリップでも鮮度の悪い豆だとどうしようもないですが。
話がちょっと逸れますが、鮮度が落ちた豆の消費方法!それは牛乳で割るです。私の定番は1:1の割合くらいです。
ドリップはいつもブラックですが、牛乳で割った時は少し砂糖をいれます。これは去年の夏にブルーボトルでニューオリンズというを飲んでうまい!と思ったのがきっかけでした。ドリップ以外なら、やっぱりエスプレッソにミルクのラテだよななんて思い込んでいましたが、普通にドリップのコーヒーに牛乳もありだな。なんて今更にしてコーヒー牛乳を見直しました。冬時期アイスは飲みませんが、夏はアイスラテよりもコーヒー牛乳!さっぱりうまいです。
また、家に随分古いデロンギのエスプレッソマシンもあり、エスプレッソを抽出してフォームミルクを作ってカプチーノを作ったりもしてましたが、今では出番が減っています。いつか自宅ラテの限界や、アメリカーノの良し悪しの思い出を。

最後に、もちろんこのモカマスターは毎朝会社へ持っていく水筒に淹れる時にも大活躍してるんですが、去年HARIOからとても気になるマシンが発売されました。
Smart7
うーん。。これはそそられる。


バイオハザード7 [ゲーム]

baio.jpg

ネタバレなし、2時間ほどプレイした感想です。

すごいぞVR!すごいぞバイオ!これぞVRゲームのお手本!
歩くのすら怖いです。
走る機能もあるのですが腰が引けて走る気になりません。。

ゲームの世界にポツンと入り込む。
この表現がしっくりきます!
廊下を進むという行為がリアルお化け屋敷のそれそのものです。
クリーチャーのグロテスクさは凝視できませんが周りの風景がちゃんと風景です!リアルについ後ろを振り返りたくなります。そして後ろが怖くてつい壁を背にしてしまうほど。

心配していた酔いも今のところないです。
歩くとヌルヌル動くのですが左右の方向転換がアナログでなく初期設定では一定角度ずつだったり、顔を向けてる方向に画面をパッと切り替えることも可能です。すごく丁寧に考えられています。
激しく動くときは視界が狭くなりますが違和感はありません。この移動方法はVRゲームではスタンダードになってくんじゃないでしょうか?
また、絵のクオリティもすごく綺麗。これも酔い止め効果に繋がってるかもしれないです。

さて、リアルならそんな怖いところ行かない派ですが、どこまでいけるやら。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

PSVR [ゲーム]


psvr.jpg
2回目の予約日に無事予約できて発売日に買えました。しかし最近ではホコリをかぶってしまっていがちです。理由は単純に遊べるソフトがない。VRの機能自体は素晴らしく、この感動はまさしく未来的です。
買ったソフトはサマーレッスンとイーグルフライト。サマーレッスンは家庭教師になって女子高生の部屋で二人きり。雑談交えてベストな選択肢を選ぶだけのゲームです。最初は顔が寄る時などドキドキ感があるのですが話とモーションが単調ですぐ飽きます。パターンに慣れてくると段々と粗が見えてきて、画質がすごくあらいとか、時計はいつも同じ時間を指してるなどの非リアリティーが目立って残念な感じが増します。中途半端にリアルな分だけ目が肥えちゃうんですね。
追加コンテンツで喫茶店や外にも行けるみたいですが、いまのところ自分の位置が固定されていることが不自由すぎて飽きさせる一番の原因な気がします。

イーグルフライトはメーカーがUBIということもあって期待したのですが、VR感が薄いです。自分が鳥になってパリの街を飛びまわれるのですが
肝心の浮遊感が薄い?画質は普通でヌルヌル動くのですが、風を感じないからなのか扇風機回したらそこそこ面白いかも?なんて思います。
完全に体感よりゲームよりだからかリアル感はサマーレッスンのドキドキよりも薄いです。あと首を傾けて方向転換というのがなんともしっくりこないです。
最近プレステのYouTubeアプリがVR画像に対応し、360度コンテンツをVRを使って視聴できるようになりました。試しに攻殻機動隊などのVRコンテンツを視聴しましたがすごいです。まず絵がそれなりに綺麗です。動画表現が今までと全く異なり全てが立体なのでかっこよさがすごいです。
今後VRコンテンツというのはゲームコンテンツよりも、こういう映像コンテンツの可能性の方が大きいと感じました。自分で操作するなどは全っくないですが、3D空間に身を委ねるというのは映画館以上の体験が待っているように思います。
VRゲームコンテンツというのはもしかしたら現実に起こりうるリアルを追求するよりも超未来だとか、宇宙などの現実では体験したことない世界の方が没入感が増すのかもしれません。でもサマーレッスンのような需要があるのは確かだと思います。ゲームとリアルシミュレーションの境をうまくごまかしてくれる作品を期待しちゃいます。

本日ようやく国産フルプライスのバイオハザード7がリリースされます。今までバイオシリーズは4くらいしかやっていませんが今回はちょっとやってみようかと思います。ホラー映画は好んで見ないのでちょっと不安ですが。
感想は後日。


タグ:ゲーム PSVR
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

アアルトのこと [家]

homeb.jpg

フィンランドの建築家、デザイナー。
Alvar Aalto
1898-1976
好きな建築家の一人です。
どこにひかれているのかというと内装、インテリアです。
もっというと木の質感を生かし柔らかい曲線を取り入れたインテリアに共感してしまいます。
ククっとくるのがメゾン・カレの書斎。その書斎にリスペクトされて狭い我が家のクロス張り天井に塗装したフローリング材を張り付けたりしました。


そのアアルトで思い出すのが
昔購入したアルテック社のスツール(Stool 60)です。意匠はいたってシンプルで特徴は座面から張り出した曲げ木の脚くらいです。今時のパッケージ化されたスマートなダンボールにはいって届きました。組み立ては自分でします。構造は座面裏に普通に脚をビス留めです。
正直、そのビスむき出しが残念で仕方ありません。プロトタイプからそういう仕様だったんでしょうか。しかも、そのビスは固く、インパクトを持ってないと組み立てるときに相当手が痛くなるんじゃないかと。現代用にアレンジした結果なのかはわかりませんが、Yチェアのような丁寧さがちゃんとあってもいいのにと残念な限りです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Macのブログ用アプリ(素人視点) [ブログ編集]

 FullSizeRender.jpg

 
Macのブログ用アプリ(素人視点)

ブログ用テキストエディター

App Storeで買えるものから二つ試しました!

■ iAwriter(有料)
MacOS用がApp Storeで1200円です。
率直にいうと有料なのに機能が少ない?!
シンプルな美しさはあります。

・お気に入り
1.マークダウンに対応していてすぐにプレビューが容易
2.iPhoneとの連携がスムース(iPhoneアプリを別途購入する必要あり)
3.タッチバーに対応している
4.ファイル管理が一括してできる。(アプリからファイルを簡単に開ける)違うアイデアが浮かんだ時にすぐ任意のファイルを編集できます。

・今後できたら対応してほしいこと
1.文字の大きさをもっと大きく表示できるようにしてほしい。今のところ(小・普通・大)
また、iPhone版共にトラックパッドでの拡大縮小に対応してほしい。
2.テーマ機能がほしい。
ナイトモードはありますが文字色など変更したいです。あとフォントも。
テンプレート機能がありもしかしたらその機能で変更可能かもしれません。
ただし、GitHub系なのでドキドキします。
3.HTMLとCSSのシンタックスハイライト機能が欲しい。標準で日本語環境であれば名詞、動詞などがハイライトされますがいまいち正確さに欠けている感じです(私の日本語がおかしいという場合もあり)。また、これももしかしたらよく見ると対応しているかもしれません。


■ CotEditor(無料)

現在このアプリで書いています。なかなかいいです。広告が入るわけでもないし、国産アプリなのでなんとなく安心。

・お気に入り
1.文字の拡大縮小が制限なくできる。
2.テーマを選べてかつ自分で簡単に見た目(色とフォント)を調整できる。
3.ブログのCSSをちょっといじりたい時にシンタックスハイライト(タグの色つけ)機能がある。もちろんHTMLも。
4.これが無料!!

・今後できたら対応してほしいこと
1.流行りのマークダウンには対応して欲しい。
2.iPhoneとの連携。
3.アプリ内でのファイル管理機能が欲しい。
データ自体をiCloudに保管するようにすればiPhoneでも閲覧は出来ますが、編集は他のアプリが必要です。上記のiAwriterのiPhoneアプリがあれば編集可能です。メモアプリに共有することもできますが、メモアプリで編集した後がうまくCotEditorに引き継げません。

 
 
 今のところ両方インストールしてある状態ですが、まずは無料のcoteditorで必要十分かもしれません。
他にも有名どころのアプリはあるみたいですが、とりあえずはApp Store縛りで。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アタリとハズレ。もしくは。 [その他]

blog0123.JPG 

今日のランチのパスタがぬるかった。 ハズレ。

こないだのパスタはいつもより量が多かった。アタリ。 

 いつもより味が濃い、いつもより味が薄い。おそらく作る人によって微妙に美味しいとそうでないとがあります。

スタバでもそう。ラテのフォームミルクが絶妙か、どっちかというと、これカプチーノだよなとか。ドリップタンク最後の方でなんか鮮度さが薄いなとか。

自分の力が及ばないところは運である。

先ほどそのスタバに並んでいて、前のお客さんがショーケースのサンドイッチを吟味していた。

同じ種類のサンドイッチを二つ手にとって微妙に具材が多いか少ないか見栄えがいいかを吟味している様子だった。アタリを探している。それを見ていて思ったのはその行為を毎回繰り返せばポイントカードがたまったらおひとつサービスと、もしかしたら同じことなのかもしれないと。

サンドイッチの具材の量が少しでも多いものを選ぶx30回も繰り返せばサンドイッチ1つ分のお得になるかもしれないという理屈だ。とても些細なことでもチリも積もれば山となる。人生全てにおいてそういう細かなアタリの選択を意識的にしていけば何かしら結果的に徳を得ているのかもしれない。人生なんて長い目で考えてなければ単にせこいだけか、、いやそのせこさこそ運が悪いと思う確率を下げる秘訣なのか。

次回のパスタはアタリかハズレか。もしくはフツウ。

またはサンドイッチの具材のようにに他の安定した店を探すべきか。

 悩ましい。


タグ:写真
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -